一つに絞らず何か所か通ってみる

複数の塾に通うメリットとは

複数の塾に通うメリットは、全ての科目のレベルアップができることです。例えば、得意科目は集団指導型の塾で学び、苦手科目は個別指導型の塾で集中的に指導を受けます。また、集団指導型の学習を個別指導型で補い、内容をより深く理解することも可能です。このように、科目ごとや難易度によって塾を使い分けることで、バランスの良い学習ができます。その他のメリットとして、自分に合った講師に出会えることです。合わない講師だと話についていけなかったり、指導が物足りなく感じてしまいます。

しかし自分に合った講師であれば、学習内容を噛み砕いて理解できたり、学習へのモチベーションを保つことができます。複数の塾に通うことで、自分に合う講師に出会える確率が高くなるのです。

注意点も踏まえておこう

複数の塾に通うのは効率が良い場合が多いですが、その分注意点もあります。まず、学習以外の活動のバランスが保ちづらくなることです。例えば、部活動やアルバイト、人間関係などが挙げられます。学生にとって学習は必須ですが、学習以外の経験を積むことも重要です。対処法として、塾に通う日数を調整しましょう。複数の塾を掛け持ちしている学生の中には、毎日通っているパターンも多いです。そうなると、学習以外の活動だけではなく、学習そのもののモチベーションも下がりやすくなります。そうした事態を回避するために、隔日や週末のみなど通う頻度を考える必要があります。

また、塾に通っている安心感から、学校の授業を疎かにしやすいことも注意しましょう。入試などでは、学校の授業で習う問題が多く出題されています。さらに、しっかりと授業を受けないと内申点にも響くため、真面目に学習することが大切です。